ミニチュアダックス かいと&りゅうと

~Mダックスかいと&りゅうとの成長をつづるブログです~

プロフィール

管理者:Stinger & Kusuke
ミニチュアダックスのかいと&りゅうとの成長日記です。日々更新できるよう頑張りますのでよろしくです。


------------------------

Stingerのプロフィール

 かいとの愛くるしさに、一発K.O.させられてしまいました。初めて犬を飼うので、悩んだり、喜んだり、うっとりしたり、毎日ドタバタです。モンハン大好き、ゲーム好きな飼い主です。どうぞよろしくお願いします。o(^-^)o

------------------------

Kusukeのプロフィール

音楽・ゲーム・PC・運動好きの30代。
Flashなどの作成やHTMLの編集などが好きで、デザインや色づかいに関してStingerに助言をもらいながら、テンプレートやプラグインの作成をしてます。
かいとがとっても大好きで、毎日癒されながら生活してます。

オリジナルFlash

下記のFlashは現在ダウンロード可能なものと登録申請中のものの一部です。Stinger&Kusukeが作成したプラグインを全てご覧になりたい方はこちらの記事へどうぞ
(※ひとつのページにプラグインをまとめて表示してるため、かなり重いと思われます。ご注意ください。そのうち今まで記入していない過去の日付で記事を分散させようと考えてます。)
あと不具合に関するお知らせこちらの記事へどうぞ(2008/10/31時点)












カテゴリ


RSSリンクの表示


検索フォーム


QRコード

QR

FC2ブログランキング


Amazon PC・ソフトウェア






--年--月--日
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年09月13日
りゅうと目の病気に

いやぁ、トップに広告が出てしまうほどブログ更新さぼってましたね・・・><

りゅうと


さてさて、タイトルに書いたとおり、りゅうとが目の病気にかかってしまいました。経緯は以下の通り

【今年5月上旬から中旬頃】
りゅうとの右目の白目(強膜)部分に黄色い円形状のものがぷっくり膨らむ

【5月下旬】
掛り付けの病院に診てもらったのが、その時はわからないので一週間様子見させて下さいとのこと

【6月上旬】
再診するもやはり見ためでは原因が分からないとのこと。そして細胞を調べないと腫瘍かどうかの判断がつかず、細胞を調べるためには目を傷つけないといけないと言われ、かいとと戯れて傷ついただけかもしれないしと様子見をすることに

【8月上旬】
黄色い部分のぷっくり感はなくなったものの、白目が赤く充血し黒目部分にも白いものが掛かってしまい、別の病院がないかトリミングでお世話になっている店の方に良い病院がないか尋ねたら、県外だが目を専門にしている病院があるとのこと

【8月中旬】
その教えてもらった病院へ。ほぼ間違いなく強膜炎だろうとのこと。ただ腫瘍の可能性もあるのでひとまず飲み薬2種類(1日各1/2錠)・ステロイド軟膏の目薬(1日2~3回)をもらい1週間様子を見るとのこと

りゅうとの目
先生から頂いた画像の1つ(※左が問題の右目)



【上記1週間後】
飲み薬・目薬が効き、病気が快方に向かっているとのこと。腫瘍ではなかったので一安心。ただ長期的なステロイド軟膏目薬の投与必要とのこと

その後、2回ほど病院行きました。その1回目で目の充血が引いてなかったので次に診察する際、良くなってないようであれば目に注射をと言われてましたが、2回目注射打たなくて良いほどに。

長期的にステロイド軟膏の目薬を投与することはとても気がかりですが、病名もわかり、手術することもなく、又、失明せずに済んだのでひとまず安心しました。

病院は県外でちょっと遠いですが本当行って良かったです。あと教えてくださった行きつけのトリミング店の店長・先生に感謝です!!

りゅうと


早く目薬塗らなくて済むようになるといいね、りゅうと!!

by Kusuke


----- コメント -----

2011年09月13日
From nossamama

どきどきしながら読みました。良くなっているようでちょっと安心しましたよ。手術とか失明とかならなくて良かった。
目薬だけでも本人にしたら大変なことできっと嫌だよね~。早く完治するといいですね~。

2011年09月13日
From Kusuke
nossamamaさんへ

コメントありがとうございます!

ご心配くださり、ありがとうございました。手術しないといけない状態に至らずに済み、本当に良かったです。

目薬が液状でなく軟膏なのでけっこう嫌なのかもしれませんが、おやつをまじかに置いてたら、卑しん坊のりゅうとはもうそこにしか意識が無いようでなんとか騙しながら点眼しています(笑)

2011年09月14日
From みくふう

こんばんは~
ビックリしました~(>_<)
ウチのふう太も難病なんで専門医療を受けはじめたところですし目も病んでます
りゅうと君も目だということで他人事じゃない気分です!
専門の病院ってやっぱり全然違いますよね
無事に完治しますように心より願っています
りゅうと君・Kusukeさん頑張ってくださいネ
お大事に*~-~*

2011年09月15日
From みくふうさんへ

こんばんは、コメントありがとうございます!

りゅうとに比べたらふう太君のほうがとても重い病気なのにご心配くださり、ありがとうございました。りゅうとには長期になるかもしれないですが、おやつで釣って頑張ってもらいます(笑)。

あと、確かに病院によって全然違います。人間の病院にしてもそうですが、動物病院も病院によって差が激しいようです。自分の聞いた情報では、自分の住んでる地域全般的に良い動物病院は無いとのこと。

今まで掛り付けの病院の先生は自然治癒力で大抵のものは治る的(悪く言えば大抵ほっとけば治る的な感じ)な感じで、薬の投与とか手術が嫌いな自分にとってはこの病院でずっと診てもらってたら大丈夫かなぁという思いがありましたが、今回のりゅうとの目の件でちょっと考えが変わってきました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kaito0621.blog94.fc2.com/tb.php/203-502e13ed

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。